anthocyanin*

宝塚歌劇団についてひたすら書くよ

【花組】Delight Holiday 感想その1 とにかく楽しい!と一言で表せる公演【ネタバレあり】

すっかり冬模様となりましたね…。
宙組さんの感想も途中ではありますが(毎回こんなんばっかりやな)、私事ですが12/6~12/7にかけて舞浜に行ってきまして、タイトル通り「Delight Holiday」を観劇してまいりました!

夢の国での公演、初めての会場ということもあり花組組子の皆さんもワクワクしていたようですが、当然観に行く方もワクワクしておりました。

本当に本当に、びっくりするくらい楽しかったので少しでも忘れないうちに感想を…!と思い、色々順番は前後していますが書いていこうと思います。

しかし書いているうちに、感想というより「ここがよかったDelight Holiday」というふわふわな内容になってしまいました…

f:id:maronie:20181208165642j:plain

逆光気味だったので暗いですが…りおちゃんポスターとゆきちゃんリースの2ショットです(笑)

 

 モニターを使った演出が楽しい!

舞台はもちろんですが、コンサートにもモニターを使った演出はとっても多いです。
Delight Holidayも例外ではなく、モニターを使った様々な演出が施されていました。

f:id:maronie:20181208170213j:plain

ステージ全体もキレイですよね。
画面中央の帽子はモニターに写っている映像です。この写真では分かりづらいのですが、左右袖付近の羽?植物?のようなセットの後ろくらいまでモニターがあります。

ステージ自体の大きさは大劇場に比べると横幅はそこまで…といった感じですが、縦幅は圧倒的です。

そのモニターをめちゃめちゃ使いまくりなのがまた楽しい。

プロローグでは下級生から登場するのですが、最初にモニターに彼女たちの映像を映し出す→本人がステージに登場!(ライトが当たる)という流れになっていて、それがとってもコンサートらしいんです~楽しい!

歌っている時はその曲のイメージを表すようなCG映像が流れたり、コーレスの場面では歌詞が出たり、平成メドレーでは「平成○年 (曲名)」と表示されたりと最大限に活用されているのが感じ取れます。

また、ゆきちゃんをはじめ4人の娘役さんの小話…?小芝居…?のシーンでも「TV」として使われていました。大きいモニターは後ろからも見やすいのでありがたい…!!

遠くの席でも楽しめるのが嬉しい!

私は3回観劇をして、そのうちメイン通路よりも後ろのブロックで観たのが2回でした。座席表を公式サイトから拝借し、観た場所に大体のアタリをつけますとこんな感じです。

f:id:maronie:20181208170820p:plain

結構後ろ…!という印象ですが、後ろでもめっちゃ楽しめました!
ひとつは後ろであっても、大劇場ほど後ろではないこと(笑)。感覚的に言えば18列くらいでしょうか?大劇場の25列で観るよりはよっぽど観えます。でも14列ほどじゃないかな…という感じで。オペラあれば全然問題ないです。 

なにより、A~Eブロックの後ろの太い通路をトロッコにのってりおちゃん(明日海りおさん)とゆきちゃん(仙名彩世さん)が来てくれるので(りおちゃん2回、ゆきちゃん1回)もうそれだけでいい!!!というレベルで楽しめます。

Sing!Sing!Sing!とExciter!!で組子のみなさんも来てくれますし、後ろでも満足度は高いものになっているかと思います。

組子のみんなが楽しそうなのが嬉しい

ここからは非常に気持ち悪い文章になってしまうんですけども、私のご贔屓である明日海りおさんが愛する花組の組子たちがみんな、とってもとっても楽しそうにしているのが私も何よりも嬉しい…という非常に気持ち悪い境地に達しておりまして、この公演ではそれをひしひしと感じられるのが本当に嬉しいです。

特に学年が低い子たちはなかなか普段の舞台で前に出たり、メインで歌ったりする機会はそう多くありません。

そのような子たちが本当に楽しそうに歌って踊っていて、もうめっちゃキラキラもらってる~~ありがて~~~~!!!となります。

当然出番に差はありますが、人数が18人と少ない分一人ひとりにフォーカスする時間が多く、今までこの子知らなかったけど、いいじゃない!と思える組子ちゃんが絶対一人は出てくるんじゃなかろうか…?と思っています。それくらいいいです。

普段聴けない歌が聴けるのがいい!

普段からショーなどの内容によっては様々な歌を聴かせてくれる宝塚ですが、この作品では

  1. プロローグ・公演のメインテーマに沿った曲(Delight Hat、Delight Delight)
  2. Jazzの名曲
  3. 平成ソングメドレー
  4. 明日海りお過去公演ソング
  5. ディズニーメドレー
  6. クリスマスメドレー
  7. フィナーレ

と明確に歌う曲がわかれていて、それがまた毛色の違うものばかりなので飽きないですし何より楽しい!

正直ディズニーは全然知識がないので途中「これはもしや○○だろうか…?いや…」みたいな曲もありましたが、それでも十分楽しめます!
(なお平成は全部わかります。年だから…

曲のイメージに合わせた衣装も可愛らしくて、結構みなさんお着替えされていたので耳だけでなく目もとっても楽しかったです。

ペンライト振るの楽しい…

コンサートと言えばペンライト!当然買いました。タオルも買いました。Tシャツは買いませんでしたが…(バックプリントにメンバーの名前あったら買ったんだけどなー)。

スカステや動画でも「Delight,Delight」でペンライトを使用した振り付けがあることは事前にわかっていましたが、それ以外でも使う場面は非常に多く、公演グッズの中でもマストだったのでは!?という感じ。

ペンライトが揺れている会場はとってもキレイでした…。

毎回思うんですけど宝塚のファンの方って適応力高いところありますよね、手拍子タイミングとかペンライトカラーとか…。あれ毎回すごいなーと思ってます。

サイリウムやペンライトを振るライブ・コンサートに行ったことがなかったので、個人的にめっちゃ新鮮でした。楽しかった~!

 

…と、本当に「ここがよかったDelight Holiday」になってしまい、曲とか中身の感想全然ないやんけ!という内容に…。

もちろん書きたいんです!書きます!

次回は「公演プログラムの流れに沿って振り返る、全体的な感想」を書きたいと思います~!