anthocyanin*

宝塚歌劇団についてひたすら書くよ

【花組】あかねさす紫の花/Santé!! ライブビューイング感想メモ【役替りBパターン】

5/25、ライブビューイングにて観劇?してきました。
役替りBパターンとしては2回目となり、初日(2回公演の午後公演ではありますが)から観ていなかったため、その違いが結構「おお~」となりましたので、メモという形で残しておきたいと思います。

お酒が入っていますし、かつ観劇回数も総合してそこそこになってきたため、ある程度雑な感想となっています…。

雑な感想でもええで!という方は続きをご覧いただけたらと思います。

 

 

中大兄皇子:明日海りおさん


人間味増した感(のっけから酷い)。ささやかな瞬間に見せる表情など、さらに細かく丁寧に演じている印象。


あら、少し優しくなられましたのね、お兄様」と思っていたら、大海人の前では超怖い顔してるし、相変わらず「頼む」は威圧的だし、毎回大海人の前で「額田は俺のもんだからね」みたいなドヤ顔して額田を抱きとめるし「あっこれ外道度が増したなあ」という感想(個人的には大歓喜)。


ラストはあそこまで顔を歪ませるとは。前観たときはちょっと「なんでやねん…」みたいな悔しい表情でしたが、今回は哀しさも感じさせましたね。責任を多少感じているような。人間味が増しましたね!
生で観たときは色気やばかったですが、映画館で観たら威厳・オーラが強かったです。あの色気は生だからなの?ねえ?

相変わらずラストのせり上がりのラスボス感がハンパなく、まるでエンペラースタイルのお兄ちゃんが弟ちゃんに精神攻撃を与えているようで、本来泣けるとか苦しいとか悲しいシーンなのにちょっと面白くなってしまって全人類にお詫びしたい気持ちです。
でもあれは生で見たとき(全然予習してなかったので)本当にびっくりして「うえええええ!?お兄様出てきたァ!」って感じになったんだよ。びびったよ。
完全に弟ちゃん食って歌っちゃうじゃん。なんなのあれ。好き。

大海人皇子:柚香光さん

16日に観たときは、お兄様大好き!わんわん!お兄様には勝てないよ…みたいな、耐え忍びながらも少々弱さ、脆さが強くでていたれい大海人。


今日観たところ、その弱さは薄くなり、力強さや兄への反骨心が垣間見える表情が観られて「おお~!」となりました。


相変わらず温かさ、優しさを「青さ・甘さ」と感じられる役作り。額田の手に自分の手を優しく添えたり、りお大海人と違い「つい気持ちが高ぶって…」みたいな行動は少ないですが、温かさを感じさせる役作りは流石ですね。


相変わらずりお大海人よりはお酒が強いようで、ほろよいな感じで遅参(正直りお大海人は酩酊レベルじゃねーか!好きだよ!)。


最後の舞?の部分を観て「牛若丸とか似合いそうだなあ」とかぼんやり思ったけどあーさやってたわ。「じゃあ上杉謙信かなあ…」と思ったらもうりおちゃんがBASARAでやってたわ。ということで森蘭丸とか似合いそうだなあとか考えてました(全然舞台見てない)。


個人的に最大の見せ場だと思っているあの悲しみと自嘲が混じった笑いをライビュのカメラがあまり捉えなかったことが無能でござる。あのシーンはお兄ちゃんの顔はそんなに映さなくていい。(個人的意見)


でももっと彼女はなんか弾けられるはず。もっと狂気に陥られるはずなんだ。もっと狂ってほしい(個人的希望)

天比古:鳳月杏さん

美しいね…。美しいね…それだけでいいよ、本当にそれだけでいい。そんな感じ。
16日に見た時もマッドサイエンティスト感あったけれど、それが研ぎ澄まされてる感があって好き(個人的感想です)。


なんかちなつちゃんの天比古はね、「あ~なんか額田って思ってたのと違ってたわ…うん…」みたいな感じで、もう一回自分の理想を菩薩に掘れるんちゃうかな?みたいなところがいいんですよね。絶望してるけど、多分君まだ次いけるやろ?感があって、どこか希望を感じられる天比古。


別にれいちゃん天比古が悪いとかじゃないです。れいちゃん天比古は「まじ~!もうムリ~まじもうムリー!!!!」って絶望する感がいいのであって。
ちなつちゃん天比古はすでに「理想」みたいなのがあって、額田がそれに合致しなかったからショックだわー、みたいな感じ。伝わらない選手権かもしれませんねこれ…。

額田女王:仙名彩世さん

ゆきちゃんキレイだね!完。…というのはひどいんですけど。私ゆきちゃんについてはフィルターがもりもりかかってしまってだめなんですよね…。もう「りおちゃんの事、好きやろ?(完全におっさん)」っていうフィルターがバリバリかかるのであかんのです。
でも有馬温泉であんなことしたら…あんなこと言ったら中大兄に惹かれまくってますって思っちゃうじゃない!ひどいよ!好き!!

中臣鎌足:瀬戸かずやさん

今日のあきらくんはね、指が非常に素敵で…色気がやばかったんですよ…なので指ばっかり観てました(だめなやつ)。


私(と母)は、中大兄に申し立て(ってほどじゃないか)をする時の返答の仕方がすごい好きなんです。「額田女王は諦めれませんか?」「出来ぬ」「はあ…」の、この「はあ…」ってやつです。「はあ…(もうあかんわ…)」みたいな諦めと呆れが混じったこの「はあ…」がめっちゃ好きなんですよ。


だけど今日の「はぁ…」はちょっと軽くて、いつものアレじゃなーい!って思ってしまいました。こういうのも生も舞台の面白さだと思います。はあ…。