anthocyanin*

宝塚歌劇団についてひたすら書くよ

【スカステ】【月組】「MOONSKIP」は非常に上質なエンターテインメントだった

今更ながら、スカステ放映分を録画しておいた「MOON SKIP」を観ました。
この作品は、現在東京宝塚劇場で公演されている「カンパニー/BADDY」を最後に退団される、宇月颯さんをメインとして、男役のみ、総勢4人で行われた「ミュージック・パフォーマンス」と題されたディナーショー。

その面子も実力派だったのできっとクオリティが高いもの…とは思っていましたが、映像を観ると本当に楽しくて、素晴らしいエンターテインメントを観たな、という気分にさせられました。

 私は海外ミュージカルについて詳しくないので、「多分レミゼの曲だな…」くらいしかわからないレベルでしたが、非常に楽しめました。

歌!ダンス!歌!というよりは、歌!ダンス!お芝居!歌!ダンス!という感じで、かなりバラエティー豊かな構成。

流石上田久美子先生と言いたくなるような部分もちらほらあり、かなり見応えがあるパフォーマンスだったと思います。

宝塚は基本的に上質なエンターテインメントを提供してくれる場であるわけですが、その中でも「ええもん観たな~!」と思わせてくれる、素晴らしい一作だったと感じました。

個人的に好きなのは、やっぱり学園?学校?シーンです。みんな可愛いし、マリー先生が素敵過ぎるので…!

やっぱり宇月颯さんは職人なんだなと感じる

私はもともととしさん(宇月颯さん)は好きなんです。
演技も上手いし、ダンスは言わずもがな、歌もお上手。とはいえ、「こんなに歌上手かったのか…」って思ったのはAfOなんですけど。遅い。

ご贔屓である明日海りおさんと「春の雪」でもガッチリ組んでいましたし(退団記念番組でも、飯沼の話が出てきて嬉しかったです)、年代も近いとあってやっぱり目にする機会も多い方でした。

もともとお上手なのは知っていましたが、格好いいな…と。本当に格好いい。
アッサリしてる格好良さなんですよね。花男は多少ねっちりした感があるんですけど(個人的解釈です)、サラリと格好いい。
月男らしい、シティーボーイ的な格好良さというのでしょうか。

ひとつひとつの動きが丁寧で、巧くてまさに「職人」と感じられる人。
学園シーンとでもいうのでしょうか、あそこでのマリー先生はとっても笑ったし(キレイでした!)、アルゼンチンタンゴの場面は非常に格好いい。
実力があり、それに伴った幅を魅せてくれて…素晴らしいと思いました。

下級生たちも本当によかった!

ただ、下級生の方々のこともぜひ書きたいです。このミュージック・パフォーマンスは、としさんももちろん素晴らしかったのだけど、下級生たちも本当に素晴らしかった!と思うので…。学年順に。

夢奈瑠音さん

るねちゃんは安定感のある男役さんというイメージで、何をやっても大丈夫、という安心感があります。
顔がとても小さくて、足も長くてスタイルよくて…。見栄えがする男役さんですよね。

娘役さんもバッチリ似合っていて可愛らしい!筋肉質とのことですが、「マジで?」と思うくらい腕が細かったです。体脂肪率がめっちゃ低いのかな。

安定して実力がある彼女なので、これからも活躍してくれるだろうな、と安心して見ていられます。

佳城葵さん

今回一番書きたいのはやすちゃんについてだよね…!ということで。

彼女を初めてみたのは「アーサー王伝説」なのですが、本当にお上手で、後からプログラム等をみて「こんなに下級生がやってたの!?」とビックリするくらいでした。

本当に芸達者。頭の回転もきっと速いのだと思います。トークでもいじられ役を専ら引き受けてましたが、それを返せるだけの機転があるからかな?と勝手に妄想するくらい。

こういった、人数が少ないパフォーマンスの時にかなりピカピカと輝くように感じます(もちろん本公演等でも面白い・キーになるお役をもらうことが多い彼女ですが)。

私はこういった「職人」なジェンヌさんはめちゃくちゃ好きなので、ずっとずっと頑張ってほしいです。専科に行かれるかも…とか思ったりもします。それくらい芸達者だと思います。

としさんとは「わんにゃんパラダイス」で一緒に出ていたこともあって、仲もいいのかな?と勝手に推測しています。かなりいじりいじられしていましたので…。

上級生から愛される、可愛らしさも彼女の魅力なんだろうなと微笑ましく観ていました。

天紫珠李さん

そういやこの時まだ男役だったんだな!と逆に驚いたという。

いや、プリンちゃん可愛かったから…ねぇ。

やはり?可愛らしさは健在。彼女は独自の雰囲気といいますか、華やかさを持っている方なので、男役でも素敵でした。でも、娘役さんの方が合っているかもな~とも思ったり。持ち前のふんわり癒し系のオーラは、娘役さんの方がぐっと発揮できるような気がするので(個人的意見ですが)。

アルゼンチンタンゴのシーンでは、殺人教唆をして最終的に殺されてしまうという悪女を演じていますが、またそれが似合う。
メイクが男役メイクなので、若干ガッシリ感はあったものの、もともとの愛らしいお顔とその雰囲気で、娘役も素敵でしたね。

これからの月組も面白いだろうな…と思うけど寂しい

月組は今美しいピラミッドができていて、どんどんこれからもパワーをつけて上昇していくように感じられます。
その一端をとしさんは確実に担っていて、それを下級生もきっとわかっていたんじゃないかなと勝手に思っています。

これからの月組もめちゃくちゃ楽しみですが、やっぱりとしさんが抜けてしまう穴って大きいなとも思います。
踊るとき、歌うときの表情や音の揺れもとっても素敵なので。

正直もっともっと観たかったですが、きっととしさんのマインドを繋いでくれる下級生がいると思うので、これからが楽しみです!