anthocyanin*

宝塚歌劇団についてひたすら書くよ

【宙組】天は赤い河のほとり/シトラスの風~Sunrise~ 3.27観劇備忘録 その2(ショー)

続いてレビュー(ショー)の「シトラスの風~Sunrise~」の感想を書いていきます~!(画像は購入したパンフです)

f:id:maronie:20180404235409j:plain


・ネタバレ?あり
・好きな方中心
・キキちゃんんんんんんんn
の3本立てでお送りします。

シトラスの風」は宙組の持ち物、超有名レビュー!ということは知っていますが、スカステで何度か観たことがあるくらいで、詳しく「この場面が!こうで!」というのは知りません…が、やはり外せない「明日へのエナジー」や、個人的に好きな舞踏会の場面など、気になる部分はいろいろ。…というわけで、まったりと感想を書いていきたいと思います~!

 
こちらも外せないのがオープニング。まさにシトラスといった色使いが爽やかで素敵です!
銀橋からやってくるまどかちゃんは本当に可憐。(スカステで観た記憶の中の)みりおんとはまた違った魅力がありますね。
宙組さんは人数が多いのもあって、舞台に並ぶと壮観だな~…と、前作(神々の土地/クラシカル ビジュー)も感じましたが、今回もやっぱりそう感じました。

ここからは個人的に好きな場面を挙げていきたいと思います。

まずは第3場「Soul Sprits」
これまでにはあったのかもしれませんが、個人的初見の場面。
(とりあえずシトラス初演にはなかった!)
MR.Bojanglesを演じていた寿つかささん(すっし~さん)が素敵すぎて…うるっときてしまいました。すっし~さん、組長さんなのにダンスが若手か!?ってくらいエネルギッシュで大好きなんです…。

次に第5場「ノスタルジア
舞踏会っぽいシーンです(雑)。私、これまで娘役さんをエスコートしてくる人は「娘役の父?それとも恋人?」と思っていたんですが、パンフを見ると「パトロン」と書いてありました。なるほど。
今回はパトロンであるキキちゃんがまどかちゃんを連れてくるわけですが、将軍である真風さんと恋に落ちてしまう…みたいなストーリーで、この流れは同じです。このシーンも好きなんですよ~、パトロンはすっし~さんのイメージでしたが、やっぱりキキちゃんでしたね!
途中で男役さんが上着を脱いで出てくるんですけど、これは何を暗示しているんだろう…ダンスバトルだったのか…!?絶対違うけど。

そして…やっぱり第7場「明日へのエナジーは、外せません!
まさに「これを観に来た」という方も多いのではないでしょうか…!?
迫力があって、いいですね~!やっている方は死ぬほど辛いらしいですが、その分観ている方も非常に盛り上がります。
コーラスの宙組、という名に恥じない素晴らしい歌声でした。

後は多分、今回の追加場面である(はず)第8章「Sunrise」
コロナが出ているかなり情熱的な太陽(?)をバックにした、二人のデュエットダンス。シトラスは結構ふんわりしたパステル調の色合いが多いイメージですが(明日へのエナジーなんかは違うけど)、かなりシャープな色合いのお衣装。でもこれがまたカッコイイんですよね。
その後群舞に移行しますが、その時の男役さんの衣装も素敵。

全編通して観ると、全体的にゆったりとした時間が流れる感じで、激しく「フゥ~!」と盛り上がる系のショーではありませんが、最近はそのようなテンポが早くテンションアゲアゲ系のショーが多い中、「古き良きクラシカルなレビューを観せていただいた…」という感じでした。
でもフィナーレの最後の手拍子もテンポが遅くて、ちょっと叩きにくかったよ~!

+++++++++++++
やっぱりキキちゃんのことも別枠で書いておきます!!
2番手さんということもあり、ソロで歌う場面が多く、一人で銀橋で歌ったりと…大変だったと思いますが、とてもかっこよかった!
特に多分第8場の、ちょっと中国マフィアみたいな(偏見)衣装で歌うところ…ハットのかぶり方も色気があって素晴らしかった!
立ち姿も美しくて、すぐに目がいってしまうくらい。
宙組でもさらに輝いてくれそうで…やっぱりまだ寂しいけど、それ以上に嬉しいし楽しみです!