anthocyanin*

宝塚歌劇団についてひたすら書くよ

【月組】カンパニー/BADDY 3.08観劇備忘録

2回目、観てきました!

f:id:maronie:20180404234037j:plain


前回は1Fセンターという素晴らしい場所から、今回は2F3列目というこれまた素晴らしい場所から観劇してきました。
2階席というと「ちょっと見づらい」というイメージがあるかもしれませんが、前列であればむしろ見やすい。1階席の14列目くらいの距離です。
しかも1階席からは観られないような部分も多く、せり上がりの中身が見えたり、上から見るので奥の方の演者もしっかり把握出来たりと、2階席には2階席のよさがありますので、お気に入りの公演は1階席と2階席、両方で観たい派です。

…と、前置きはこのあたりで。

 

全体的な感想自体は前回と真逆!といくまで変わることはないのですが、2回目とあってより深く楽しめました。カンパニーは本当に心にジンとくるいいお話だし、BADDYは前よりもエネルギーを強く感じられました。千秋楽に向かってパワーが出ているんだろうな!という感じ。

それでは本当に少しずつですがそれぞれの感想を。
まずはカンパニー。個人的にはやはり、高野さんが那由多くんとは一緒に出来ない、とウィーンに帰ってしまったのに突然フラッシュモブの話で盛り上がるところに違和感があるのですが(公演に欠かせない大事な人なのに…!という)、蒼太くんが楽しそうなのでまあいいかなって…。かなって…。

あとは前の感想に書いた通りという感じです。わかばはこの日も素晴らしかった。本当に大好きな娘役さんです。

続いてBADDY。前回のときは「面白いけどいまいちパンチが…」という部分があったものの、今回みたら非常にパンチがあって素晴らしい!(上から目線で失礼ですが)やっぱり回数を重ねるごとにどんどん良くなっていくのが面白いですよね、舞台って。

この日は退団する方々を中心に観ていましたが、素晴らしい…なんてキラキラしているのか…わかばちゃんのことばかりで申し訳ないんですが、彼女ってブルーラグーンの場面でたまきちとちょっと踊ってるんですよね…同期…切ない…。

と、退団する方々ばかりを観ていたにもかかわらず、目に入ってくるのがありちゃんこと暁千星ちゃんでした。アホの子メイク(褒めてます)かわいい!男役の群舞では、いまさらながられいこちゃん(月城かなとさん)と同じカラーのスーツで驚きました。期待されてるんだなあ。

そしてたまきちは、中詰(この中詰めっちゃカッコイイですよね!白と黒が入り混じって、フォーメーションも完璧で本当に素晴らしいと思います)からでずっぱり、一人で一曲歌わなければならないし、その後変顔までしないとならないしで非常に体力使うだろうなあと今回も思っていました…。すごいよ…。正直、たまきちは私にとって「ときめき」を感じるスターさんではありませんが、「頑張ってほしい、応援したい」と強く感じさせるスターさんです。彼女の人柄がそうさせるのでしょうか…これからも頑張ってほしいなと思います。私は複数観劇するくらいしか応援出来ないけど…!

ちゃぴの脚も相変わらず素晴らしい。娘役さんがオラオラするのはとっても好きなので(なのでSante!!のゆきちゃんのシーンはクッソ好き)こういうのもっと欲しいです個人的に。
グッディが喜怒哀楽の中の「怒」を経験することで人間らしさ、生きている意味を感じる、物語としても中核となるシーンということもあり、印象に強く残ります。ありちゃん王子もうすうす気づいてるけど…って感じで歌ってますよね(これは別のシーンですが)。

あと美弥ちゃん。この日も脚出して美しかった…のですけど、やっぱりどこか既視感があるんですよね。なんでや…と思っていたら、AfOのアラミスでもウェービーヘアーなんですよね。そのせいか!と思ってちょっと公演バックナンバー見てみたら、ウェービー度合いは違うものの、AfO、瑠璃色とどちらもウェービーかつロング。グランドホテルでこれまたウェービーなものの、こちらはロングではないので印象も違います。
確かに美弥ちゃんはウェービーヘアーがめちゃくちゃ似合って美しいですが、もうちょっと違う印象のヘアスタイルも見てみたいなあ…と贅沢にも思ってしまうのでした。

あとはこの日も天紫珠李ちゃんは可愛くて、さちかは腹たちました(褒めてます)。好き。