anthocyanin*

宝塚歌劇団についてひたすら書くよ

【月組】カンパニー/BADDY 2.23観劇備忘録 BADDY

カンパニーもそういえばまだ書きたいことがあったな…と思いつつも、いつまでも終わらないのでBADDYの感想へ。

ショーがストーリー仕立て、というのは事前の情報でご存知の方も多くいらっしゃると思いますが簡単に補足しますと、様々なシーン(「場」)で登場人物が変わるのではなく、基本的に「1つのキャラ」がそれぞれの場で何かをしている、という構成になっています。

ショーの最初の演出も面白く、開演アナウンスはある程度のキャラクターたちが出てきたあとになっています…が、カンパニーも似たような演出となっていたため(指揮者の方にスポットライトが当たったあと、軽く本編が始まる→開演アナウンス)「おおっ!」という感じではなく「ショーもお芝居も同じ感じで始まったな」という印象になってしまったのが個人的に残念でした。

 

それぞれのキャラクターは衣装もとてもかわいく、なんて言えばいいのか…ピースフルプラネット・地球の方々は「原宿SF」といった感じ。鮮やかなパステル調のカラーをふんだんに使った衣装が素敵です。
特に天紫珠李ちゃん。娘役に転向して初めての大劇場公演ですが、目立つお役でとても可愛い~!可愛い~!たまらん!さちかはクッソ可愛い声で喋ってて腹たちました(褒めてます)。

他にも個性的なメイクや衣装の方がたくさん。特に千海華蘭ちゃんのコックさん、メイクが可愛くて可愛くて、スチール写真を買おうかと思いました…可愛い!そして初日から各所で話題になっていたであろうまゆぽんこと輝月ゆうまさん。似合うなあ…ああいうの…背も高いしすらっとしてカッコイイですよね。カンパニーでもちょっと大股開きで立っていて、体育会系らしさが出てて…。伊達に研4でお父さん役やってないよね…。

そしてとしさんこと宇月颯さん。カッコイイ~!いやカンパニーでもカッコイイんですけど、ちょいワルがお姫様に優しくしてもらって恋に落ちるとか素敵やん!わかばちゃんと二人で銀橋に行くシーンもあって、嬉しい嬉しい。退団は本当に寂しいです。正直あと1~2年くらいまでは居てくれると思っていたので…。

そいでもって、カンパニーに続きまたオイシイ役もらってるな~!と思ったのがれいこちゃんこと月城かなとさんです!ポッキーバカっぽい~!なんか女装までしてるし~!(しかも衣装が変で可愛い)でも最後に見せ場もあって、オイシイ役だなと…美弥ちゃんにも認められる男になったしね…。

ここまで書いてそういえばメインであるお二人の名前が全くないことに気づきました…けど、具体的な感想があんまりなくて…。
ちゃぴは可愛いしいつもどおり。今回はロケットガール…だったのかな?あの時の足はとてもかっこよかったです。ダンサーの足という感じで。あとフィナーレの衣装も可愛くて…サンバイザーが個人的な好きポイントです。
たまきちは結構運動量も多そうで結構ハードだなと…。短めのちょっとおサルさんぽい髪型でやんちゃっぷりを表現してたのでしょうか。
男役の群舞だったか…ちがったかも…どこのシーンかは忘れてしまいましたが、ちょっとトートっぽい衣装がかっこよかったな~。

…と、ざっとした感想でした。
自分で書いたものを読み返してなんですが、ストーリー的な内容には一切踏み込んでないものになってますねこれ。

これにも一応理由がありまして、ちょっとネガティブな方向の話になってしまうんですが、「あんまり大きく印象に残らなかった」からなんです。あくまで個人的に、です。

ストーリー仕立てのショーながらも、ショーの基本というか流れはきちんと押さえた作りになっています。
オープニングがきちんとあり、中詰もあり、群舞あり、ロケットあり、デュエットダンスあり…と。きちんとショーというテンプレートの中に入れ込み、かつストーリー仕立てとしてキャラクターを固定させるというのは非常に意欲作と言えて、これからのショーの作り方の新しい形として取り入れられる可能性も十分にあると思います。

また、キャラクターの個性もかなり強く作られていて、「こんなカッコしてる人がいる!」というのを探すだけで楽しくなっています。セリの使い方も面白いし、うまく作ってるな~!って(素人目線ですが)思います。

けど、なんか残らないんですよね。なんでだろう。私の感性が死んでいる可能性も十分に考えられますが。
これまでの感想に書いたように、個人でみたら色々楽しいし、素敵!という部分は多いのですが、全体を話そう、書こうとするとかけない。なんか「大味感」が残ってしまったんです。

3月にまた一度観劇するので、もう1回みたら感想が変わる可能性は十分にありますけど…今のところBADDYは「キャラづくり可愛い、衣装可愛い、セットもすごい」けど、全体的な印象として「薄い」という感じでした。
もしかしたらこちらも楽曲の印象が薄いからかもしれません。うーん。