anthocyanin*

宝塚歌劇団についてひたすら書くよ

【月組】カンパニー/BADDY 2.23観劇備忘録 カンパニー その3

もうそろそろ終わりにしたい…ということでカンパニーの感想は3で終わろうと思います!

今回は個人的に気になったジェンヌさんや、舞台で気になった・良かったところをつらつらと書いていきます~。

 

突然ですが、私は月組の娘役さん、白雪さち花さんが大好きです。とても大好きです。スカステで月組の舞台を見ていて、出て来ると「さちかあああ~~!!!」って心の中で思うくらい好きです。

今回の舞台では彼女の目立った出番こそありませんでしたが、めっちゃインパクトを残してくれたと思います。素晴らしくウザい感じで…(褒めてます)

あと暁千星ちゃん、ありちゃん。高野さんがバーバリアンとやるのいやだ!と言って出ていってしまうシーンで「どうしよう~!どうなるんですか~!」と青柳さんに怒ってたのに、フラッシュモブとかの話になったら「バレエ団の宣伝になりますね!」とかノリノリになってて可愛い。怒りどこいった。

…と、言いたいことは言えたので、あとは(ここまでもそうですが)超個人的な良かったところと残念だなあ~って思ったところ(自分のせいも入ってます)を書いていきます。

■舞台美術
まるで遊園地みたいなセットでしたね!まさかホテルの部屋だとは…びっくり。現代ものながらセリもたくさん使われていて「おお~っ」となるところも多かったです。ピカピカ光ったし(語彙力なし)。

フラッシュモブのシーン
中詰みたい!

■ちょっと残念だった(1回の観劇では自分にとって伝わりづらかった)部分
・音楽
決して音楽が悪いわけではありません。白鳥の湖のアレンジを複数していたり、バーバリアンのブレイクスルーだったりと素敵なんですが、こう、心に「ふわ~~!残るで~~~!!」って感じではなかったのが残念です。
まあ現代ものなのでそうキツいインパクトのものを入れず、BGM的な感じにしたかったのかもしれませんが…良くも悪くも「耳に残ってしまう」感じではないかな、っていうところです。
2回観たらだいぶ残りました!…が、それでもメインテーマくらいしか…決して悪い音楽ではないのに…残念な耳。

・若手の子が分かりづらかった…
これ100%自分のせいなんですけど。最後のほうにやっと風間柚乃ちゃんがわかった!くらいで…。
月組さんあんまり詳しくないってのもあるんですけど…AfOの時はれんこん(蓮つかさくん)とかすぐ見つけて「すぐわかるなこの子~」とか思ってたのに今回バーバリアンというわかりやすいキャラの中ですごいわからなかった…目がおかしくなっている…。