anthocyanin*

宝塚歌劇団についてひたすら書くよ

【月組】カンパニー/BADDY 2.23観劇備忘録 カンパニー その2

他のキャストの方々…というか色々あるんですけど!
とりあえずくらげちゃんとわかばちゃんがめっちゃ可愛くて、どちらも共感できて実はカンパニーみて一番「いい!」って思ったのがこの二人(一番なのに二人だけど)だったのです。

なので、別途この記事で二人について語らせてください!

 

早乙女わかばちゃん演じる紗良は「社長令嬢だからお金でプリマを買っている」と言われながらも努力を続けてきたすごく強い女性。正直そのへんの人にはこんなん凹んで終わるだけなのにそれをパワーに出来る強さ。すごい。
そしてバレエの遺伝子のために高野さんをパートナーにしたいというバレエ愛。すごい。
リフトを失敗してしまい、凹んでいる那由多くんをなんともロマンティックな方法で引き上げてる。すごい。
白鳥と黒鳥を踊ることもできないは、さらに突然リフトが入るはで正直逆境なんだけどそこをなんとかしていくバイタリティ。すごい。

そんな紗良というキャラクターの魅力と、わかばちゃんのの魅力がとてもマッチしていて本当に素敵で…退団してほしくないなあと思うくらいでした。
あと美弥ちゃんと銀橋で二人でちょっと踊れたのもいいなあ…と。どちらも星組出身ですもんね。

続いて、ゆいゆい(ユイユイなのかな?表記的に…)こと瀬川由衣役の海乃美月ちゃん。
トレーナーとして担当していた美園さくらちゃんことマイマイできちゃった婚の責任を取らされるような形でたまきち演じる青柳さんと共に敷島バレエに出向するわけですが…いい子!
この子も(現代ものなので当然ですが)現代っぽい感覚の持ち主なのでマイマイの旦那さん(からんちゃん可愛い…)にブチ切れ金剛しちゃったり、高野さんを追ってウィーンに行っても夜中だからってチョコレートケーキ食べなかったり。とても可愛い。
そして担当するアスリート(高野さんの場合はアーティストだけど)を真摯に考えて、思わず「おもっ」って言われるくらいの荷物を抱えてジャージでウィーンにまで行っちゃう。可愛い。

きっと物語の幕が降りた後、一緒にウィーンに行くことになるのでしょう。彼女自身の夢はケガで終わってしまったけれど、新しい夢を持って楽しそうに暮らしてくれたらなあと思います(何目線…)。

まだまだ書きたいこともいっぱい…でも長すぎるのでもう1個書きたいと思います。さくっと終わらせるつもりだったのに…