anthocyanin*

宝塚歌劇団についてひたすら書くよ

【月組】カンパニー/BADDY 2.23観劇備忘録 カンパニー その1

初日の幕が上がってから結構時間は経っていますが、今年初の月組観劇。
この日はカメラが入っていたり、宙組雪組義経組かな?)のジェンヌさんが観劇にいらっしゃってたりと盛りだくさん。

ではでは、ネタバレありのさくっとした感想を備忘録的に。
…と思ったら長くなりすぎたのでいくつかに分散。

まずはカンパニーのメインキャストの感想を…。

原作未読なので、「このキャラがこうなってる!」という感じの感想はありません。ただ素直に見た感想!という感じです。

 

たまきち(珠城りょう)は本当に誠実を絵に描いたような…というキャラでも嫌味なく演じられるのが彼女の大きな魅力だなと今回も感じました。
正直こんな人世界におらんやろ完全にフィクションやろ!ってくらいスペック高い人なのに、それが嫌味なく存在しているのがすごい。
ただ、前作「All for One」のダルタニアンも似たような方向性のキャラだったので、正直前回と大きく印象が変わった感じではなかったかな…。
衣装替えも多かったので、きっとご贔屓の方は楽しめたんじゃないかな!と思っています。

そしてちゃぴ(愛希れいか)。かわいい(かわいい)。努力してるけどちょっと不安だったり自信がなかったり…みたいな等身大の女の子を演じるときとっても可愛くて好きです。ちょっとアリス(アリスの恋人)を思い出したり。
(恋愛的に)グイグイ攻めていく感じは宝塚ヒロインにしてはちょっと珍しいかも?でもこちらも現代の女性というか、等身大な感じでいいですよね。あと浴衣姿かわいい。(とりあえずかわいい)

次に美弥ちゃん(美弥るりか)細い(最初がそれかよ)。美弥ちゃんらしい役って印象で…特別悪いわけじゃなく、とても素敵だったのだけど、美弥ちゃんという枠の中にいたので…「今までの美弥ちゃんのイメージが!!」っていう感じではなかったです。くらげちゃん演じるゆいゆいとのコンビ感がとっても好みでよかです。よか。

最後にれいこちゃん(月城かなと)。いい役もらったね~!というのが感想(何目線)。
アイドルのセンター(多分?)だけどバレエもやってて、実は努力家というとてもいい子。最後リフトを失敗してしまってトイレにこもっちゃうとこも可愛らしくて。雪組時代をあまり知らないのでなんとも言えないところはありますが、月組にきてコメディエンヌ要素が強い役をやることも多くなり、すごいいい感じになってるんじゃないかな…と何目線かわからん目線で思ってます。
最後わかばちゃんといい感じになってるのも個人的に好印象(何目線)。